読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢を夢で終わらさないために

進学、就職など新たなスタートを迎える時期となり、春を感じる時期ですね。

いろいろな思いや希望に胸膨らませ、新たなスタートをする準備整いましたか?

そんな時だからこそ、将来の夢をしっかりみて、そのために歩みを進めていきたい。

5年、10年、15年、20年先自分がどうなっていたいか。

 

ゆっくりと考えてみてはいかがですか?

 

私も40歳になった時、20年後どのようになっていたいかを考えてみた。

 

そして、やりたいことを見つけることができた。

夢を夢で終わらさないために、その時にしたことは次のこと!

 

① やりたいことを具体化する

なんとなくやりたいとは思うけれど、具体的にならないのでそれがやりたいとか見失うし、その思いが冷める。だから、そのことを実現している自分を考えイメージする。

 

②やりたいとを仲間に話す

やりたいとは1人でできないことがある。仲間を探したり、自分の考えをより具体的にするために、やりたいことを話してみる。自分のモチベーションを上げることもできるし、アプローチなども変わったりする。

 

③やりたいことを紙に書く

やりたいとは思っていても、人なので忘れてしまう。だから、紙に書いてより目標とする。

そして、それに向けたやるべきことを書いて、計画を立てる。今やることが何に繋がるがが見える化でき、できてないことがわかる。

 

④やらないことを決める

やりたいことに向かうとやることばかりを考えてしまうけれど、やらないことを決めることは大切。自分がブレないためにも決める。

 

⑤何事も悩むならやってみる

やろうか、やらないか悩むなら、やってみて、次に進む。

たらればは、後悔するので、自分に無理がなければやってみるのもいいのでは。

 

夢を夢で終わらせないためにとは、夢を実現するかしないかではないと思う。

夢を実現することは最高だけど、もっと大切なのは、夢を夢で終わらせないために何をしたか、何を得たかだと思う。

アプローチで努力すること、努力した自分を最後評価したい。

 

だから、人に出会い、人と話し、背中を押し、押され前に一歩づつ進んでいる。

進むスピードではなく、力強い一歩を。

 

さぁ、今日も胸を張り、あごを少し上げてがんばろ!